初心者でも簡単に一眼レフカメラでキレイな写真が撮れるコツ4選

こちらの記事では写真をキレイに撮れるコツをお伝えしていきます。メーカーや機種に左右されず、ミラーレスをお使いの方でも通用しますのでぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること

  • カメラで写真を綺麗に撮るコツ

ここでは下記の4項目についてお話ししていきます。

  1. カメラの構え方
  2. ピントの合わせ方
  3. 構図の基本とは
  4. 明るさで印象は大きく変わる

1.カメラの構え方

まずは手ブレしにくい構え方を覚えましょう。

  1. 右手でグリップを持ち、左手はレンズの下を支えます
  2. 脇しっかり閉めましょう
  3. ファインダーを覗きながら(背面ディスプレイでもいいですが、屋外だと周りが明るくて見えにくいのと、脇が開きやすくなってしまいます)構図を決めます
  4. シャッターはゆっくりと

撮影後に背面ディスプレイで拡大してみて、ブレていないか確認してみましょう。念のために同じ構図で何枚も撮っておくことが大切です。

(あんまり撮りすぎると整理が大変になりますが、、、)

2.ピントの合わせ方

ピントの合わせ方は下記の2種類があります

  • 自動でピントを合わせてくれるオートフォーカス
  • 手動でピントを合わせるマニュアルフォーカス

基本的にはオートフォーカスで問題ないです。
理由は写真を撮影時にはピント合わせ以外にも、構図や明るさ等考えることが多いので、慣れるまでのフォーカスはカメラに任せてしまった方が良いです。正確ですしね。私もオートフォーカスを使う機会の方が多いです。

例外は星の撮影時です。星は暗すぎてオートフォーカスだと合わせられないので、その場合は手動で合わせてください。

その際、主役になる物にピントを合わせるのが大切です。

例)花の場合には雌しべに
  人の場合には目に(右、左どちらにするかでも印象は変わるので手前にある方の目に合わせてください)

3.構図の基本とは

構図の種類はいろいろありますが、まずは三分割、日の丸構図の2つを身につけ、慣れてきたらバリエーションをどんどん増やしていきましょう。

三分割

三分割とは画面を縦・横にそれぞれ三分割し、分割した【線】や【点】に主役を持ってくる構図。
簡単にプロっぽい写真になります。しっかり水平を取ると、より安定感が出ます。

日の丸

日の丸は、主役をど真ん中に持ってくる構図のこと。
素人っぽくなりやすくバカにしてくる人もいますが、主役が何かが明確になるのでわかりやすいです。

同じ構図で撮っていたとしてもレンズの高さを変えれば、印象も変わります。

普通は顔の高さから撮ると思いますが、地面スレスレにしたり、万歳をしながらなど、いろんな高さから撮影してみてください。その時にはファインダーでなくて背面ディズプレイを使うと楽です。地面にうつ伏せになって撮るのも楽しいです。

4.明るさで印象は大きく変わる

カメラ用語に露出というものがあります。マニュアル撮影の場合は少し考えが変わりますが、数字を大きくすれば写真全体が明るくなり、小さくすれば暗くなります。
普段は適正露出といってちょうどいい明るさで撮れば良いですが、雰囲気を変えたくなったら露出を調整してみてください。

おわりに

ここでお伝えしたのはどれも基本ですが、大事なことばかりです。ひとつずつでもいいので実践してみてくださいね。