スマホで自撮りを素敵に撮るコツ【誰でもかわいくかっこよく】

旅行やデートなど自撮りは思い出に欠かせないですよね。

ただ普通にスマホで撮るだけだと、イメージと違ってしまいませんか?

そこで、上手く自撮りが撮れない人向けに、上手く素敵に撮れるコツと便利なグッズを紹介していきます。

この記事でわかること
  • 写真撮影に大切な光について
  • 自撮りのコツ
  • 自撮りにあると役立つグッズ

写真撮影に大切な光について

どのように光を当てるかによって写真の印象は大きく変わります。

基本は、以下のように3種類です。

  • 順光
  • サイド光
  • 逆光

カメラ、被写体、光源の位置関係はこのようになっています。

それでは詳しく見ていきましょう。

順光

光が被写体の正面から当たっているときです。
被写体の色が一番見え、鮮やかに見せることができる光の向きです。

ポートレートの場合、肌が明るく見えますが、立体感があまり表現されないため、人物撮影よりも風景写真で好まれます。

人物の場合は、記念撮影や証明写真などに向いています。

サイド光

光が当たる部分と当たらない部分ではっきりと陰影ができるため、順光よりも立体的な写真になります。
そのため強い印象なり、女性よりも男性の撮影時に好まれます。

逆光

カフェなどの室内で撮影するときは、席が空いていたら窓際に座りましょう。晴れていなくても十分効果があります。
顔の輪郭が柔らかくなり、ふんわりとしたイメージになります。

窓からの自然光が目に入ってキラキラし、顔にも髪にも光があたり綺麗な写真になります。

注意点として、顔が暗くて表情わからなくならないように、しっかりと露出補正をして明るさを調整をしてください。

ポイント

レフ板効果

サイド光や逆光で撮影する場合、露出補正だけでなくレフ板効果も合わせるといいです。ノートや白いハンカチがあれば机に置いておけば、影の濃さを薄くできます。ぜひ試してみてくださいね。

自然な表情にするために

  • 笑顔になりすぎない
  • 軽くあごを引くことで目を大きく見せる

といいです。

一度下を向いてから顔をあげると目が開くので、半眼になってしまうのを防げます。

さらに自撮りをうまく撮る3つのコツ

スマホの持ち方

本体を人差し指と小指ではさんで、背面を中指と薬指で支えましょう。
この持ち方であれば、腕を伸ばしても安定します。

シャッターは親指で押します。

カメラの角度

スマホは少し上の方から、斜めにして傾けることで、不自然さがないちょうど良いアングルになります。

上から撮ることで目は大きく、あごは細く見え、鼻の穴を写さないようにできます。

ファッション

特に盛れるのは中間色やパステルカラーです。
白だと反射が強くなったり、顔が暗く写ってしまいがちです。

自撮りにあると役立つグッズ

コツだけでも楽しいですが、今から紹介するグッズを使うとより自撮りが楽しくなります。

  • 自撮り棒
  • 拡張レンズ
  • 三脚

自撮り棒

スマートフォンを先端に固定して、棒を持って撮影できる定番のアイテムです。
自撮り棒にシャッターが付いていれば、スマホを触らずにシャッターが切れるので、とても便利です。

ディズニーなど自撮り棒が禁止されている場所もあるので、気をつけましょう。

拡張レンズ

スマホに後付けで拡張できるレンズです。
クリップで挟んだり、マグネットでくっつけたり、いろいろな付け方があります。

補助ライトがついたレンズを使えば、影を飛ばしてくれます。

集合写真のときは、思いっきりカメラに近づいて、体をくっつけてみましょう。
横一列に並び全身を入れると、被写体が小さくなってしまいます。人数が多ければ、横ではなく前後に並びみんなの表情が見えるように撮影するのも雰囲気が伝わっていいですよ。

三脚

通常の三脚でもいいですが、おすすめは、足がぐねぐね動かせる三脚です。置くだけでなく、手すりなどに巻きつけて固定できるので便利です。吸盤で貼り付けるタイプもありますよ。

三脚を持っていたり、壁に立てかけられれば、セルフタイマーを使って他撮り風の写真を試してみるのもオススメです。

スマホを持たなくていいので、ポーズもとりやすく、視線を外すなどすれば普段とは違った印象になりますよ。

自撮り棒も拡張レンズも三脚も100均で扱ってるものばかりなので、ぜひ揃えてみてください。

おわりに

いかがでしたか?
最近は、どこへ行っても自撮りしてる人たちがいますよね!

気軽に思い出を残せて楽しいですが、マナーやルールを守って気持ちよく撮影しましょう。