【2019年10月】増税後に後悔しないようにするために【何が起こる?】

いよいよ2019年10月1日に、消費税率が10%に上がります。
社会保障などに使われると分かってはいますが、つらいですよね。。

毎月10万円に対して消費税がかかるとすると、
月に2000円、年間にすると24000円の負担増になります。

この記事では、消費増税の際に少しでも損しないコツをまとめてみました。

この記事でわかること

  • 消費が減ったら意味ないし、低所得者に厳しいけど、政府の対策は何かあるの?
  • 買っていいもの、悪いもの

政府の対策は?

  • 軽減税率の導入
  • キャッシュレス決済でのポイント還元(詳細は別記事にします)
  • プレミアム商品券の発行

軽減税率の導入

今までであれば一律8%の消費税でしたが、今回もそうなのでしょうか。

実は、軽減税率というものが導入されるので全ての税率が10%になるわけではないのです。
これにより、購入するものや方法によって税率が変わってきます。

対象品目

  • 新聞
  • 飲食料品

新聞はいいとして、飲食料品も全て8%なのでしょうか?

残念ながら、違います。。

軽減税率対象→8%
  • 商店街やスーパーでの購入
  • 宅配やテイクアウト
軽減税率対象外→10%
  • 酒類
  • レストラン
  • マックやスタバなどのイートイン

例えば同じマックでも持ち帰ると8%ですが、店内で食べると10%になっちゃうんですね。

さらにややこしいのが、
料理酒やみりんは酒類に該当するため10%なのですが、
“みりん風”の表示があるものは酒類ではないので8%のままだったりします。

キャッシュレス決済での還元って?

中小規模の小売店舗でキャッシュレス決済した場合は5%のポイント還元
コンビニや外食などの場合は2%ポイントの還元を実施予定

プレミアム商品券の発行

25%お得に買い物ができる商品券。
しかし、対象者が限定されており、有効期限や上限額も決まっています。

プレミアム商品券については下記の記事で詳しく書いています。

ここから先は、増税前にしておいた方がいいことを伝えていきますね。

増税前にやっておきたいこと

・旅行

利用日の期限に注意が必要ですが、
切符や航空券、テーマパークの前売り券などは9月末までに買っておいて、10月以降に使うことができます。

・家のリフォーム

引き渡しの時期に注意しましょう。
9月末まででしたら問題ないですが、それ以降になる場合は、今年の3月末までに契約をしておく必要がありました。

・歯の治療、人間ドック、美容整形

9月末までに施術や検査などが終わるようにしてください。

・ブランド品

基本的に値引きをしないので、気になるものがあれば増税前に購入しましょう。

無理して買う必要のないもの

ここから先は無理に買う必要ないものを紹介していきます。

・電化製品

増税後の方が安くなる可能性もあるので、壊れた場合など以外には無理に買う必要はありません。
ただ洗濯機などの白物家電は、毎年10月に新商品が出ることが多いため、9月は型落ちの製品であれば安く売られていることもあります。
新商品にこだわりがないなら、買ってみてもいいと思います。

・戸建て住宅、家賃

土地や家賃には税金がかからないこと、資材が高騰していること、増税後に「すまい給付金」や「住宅ローン控除」などの住宅購入に対する支援制度の適用が考えられます。

「すまい給付金」とは

  • 消費税8%では、収入の目安が510万円以下の人に対し、最大30万円の給付額
  • 消費税10%の場合には、同じく目安が775万円以下の人に対し、最大50万円の給付額

が適応されるものです。

「住宅ローン控除」

についても、消費税10%が適用される住宅の取得に関しては、控除期間が10年から13年へ3年間延長されることが決定しました。

おわりに

買い物は計画的に

増税に向けてセールが行われたり、知り合いから「○○買ったよ」と言われることが増えてくると思います。

必要ないものにまでお金を払ってしまわないよう、何が得で何が損かを理解しておくことが大切です。