【2019年10月増税】プレミアム商品券の全て【完全解説します】

プレミアム商品券発行の背景

2019年10月1日いよいよ消費増税が実施されます。

消費税は、所得に関わらず消費時に発生するため、低所得な人ほど税負担が重くなってしまいます。

そのため低所得者の負担を軽減するためにプレミアム商品券を発行することが決定しました。

この記事でわかること
  • プレミアム商品券の仕組み
  • プレミアム商品券の問題点

プレミアム商品券の概要

  • 購入すると25%お得に買い物できる
  • ただし購入できる人、購入金額、期間に制限あり

プレミアム商品券の仕組み

そもそもどのような制度なのかをはじめにお話していきます。

地方自治体が商品券を発行し、住民が購入します。

その際、最大5,000円分の付加価値がつくため購買意欲が高まります。

そして、地元にお金が落ちるように自治体内での使用に限定されています。

価格

1枚あたり
販売価格:400円
額面:500円

販売は10枚1セット〜5セットまで(1セットの価格は4000円)

つまり一人あたり20,000円分(額面25,000円)になります。

使用期間

2019年10月1日〜2020年3月31日までの半年間。

対象者

今回のプレミアム商品券を購入できる条件は

0~3歳半の子供がいる世帯
住民税非課税の世帯
低年金の世帯

購入方法

自治体から引換券が郵送された方に対し、商品券を販売します。

使用場所

商品券を発行している地方自治体内です。
こうすることで、都市での商品券使用が集中するのを避けています。

例外として、過疎化のため商業施設が少ない場合は、
周辺の自治体でも使用可能です。

お釣り

出ないです。
お釣り目的で商品を購入し、貯蓄に回されないようにするためです。

プレミアム商品券の問題点

いくつか問題点が指摘されてるので、
下記、3点について説明していきます。

  • 事前購入が必要
  • プレミアムの金額が少ない
  • 対象者が限定されている

事前購入が必要

前もって、券を購入しておく必要があります。

プレミアムの金額が少ない

プレミアム分が最大5000円しかありません。

この5000円というのは
税別250000円分の買い物をした段階で使い切ってしまう額です。

計算方法:
税別250000円の買い物をしたとき、
税率8%であれば20000円の消費税
税率10%なら25000円になり、その差額分が5000円。

対象者が限定されている

0~3歳半のお子さんがいる世帯は、対象ですが、
1日でも誕生日が違うと対象外になります。
3歳半より大きいお子さんがいる世帯にも不満だと思います。

プレミアム商品券って以前にもなかった?

記憶にある方もいるかと思いますが、2015年にこの制度を実施しています。

ただ、その時の理由は低所得者に向けての政策ではなく、
消費を刺激するためだったので、対象者は限定されませんでした。

このときの事業費は1589億円。
全国でほぼ全ての自治体で商品券が発行されました。

ところが実際の経済効果は640億円程度だったと算出されており、差額のほとんどが貯蓄されたそうです。

おわりに

問題があるとはいえ、経済的に厳しい世帯を支援できる施策であることに変わりありません。

対象の方はせっかくですので、有効的に活用しましょう。