スマホのバッテリーが膨張?!危険度マックス?【実は仕様です】

Xperiaのバックパネルが浮いてきたり、Galaxyが爆発したニュースを覚えている人もいるのではないでしょうか?

実際に体験した方もいるかもしれません。

バッテリーが膨張すると危ないというのが一般的な認識だと思いますが、本当にそうなのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

この記事でわかること
  • バッテリーが膨張する理由
  • バッテリーが膨張すると何が起きるか
  • 大手3キャリアの見解
  • バッテリーが膨張したらどうするべきか

バッテリーが膨張する理由

そもそもどうしてバッテリーは膨張するのでしょうか?

それには以下のような理由が挙げられます。

  • バッテリーの劣化
  • バッテリーへの衝撃(落下など)
  • 充電のしすぎ
  • 充電しながらの使用

バッテリーが膨張すると何が起きるか

  • 発熱
  • 爆発や発火
  • バッテリーが膨張したことによる圧力で内部の基盤が損傷

現在のスマホはバッテリー容量も大きく、急速充電にも対応しており、バッテリー事故の危険度は大きくなっています。

大手3キャリアの見解

では、大手3キャリアの公式サイトを確認してみましょう。

docomo

電池は膨らんでも安全性に問題はありませんが、安心してお使いいただくために、ドコモショップなどにご相談ください。

docomo公式サイト

au

電池は長期間のご利用により性能が劣化し、膨張する場合があります。これは電池の特性であり、安全上の問題はありません。

au公式サイト

SoftBank

電池パックは、ご使用条件により、寿命が近づくにつれて膨れる場合があります。これはリチウムイオン電池の特性であり、安全上に問題はありません。

SoftBank公式サイト

見てみると、全キャリア似たような内容ですね。

スマホのバッテリーが膨張するのは仕様なので、危険ではないという認識です。

しかし、膨張自体は危険でなくても、極度に劣化したバッテリーを使い続けるのは、やはり危険だと思います。

バッテリーが膨張したらどうするべきか

そのまま使うことが不安な場合は、修理か処分になります。

お使いの端末の種類ごとに説明していきます。

  • 大手3キャリアで購入した端末
  • iPhone
  • 上記以外のSIMフリー端末

大手3キャリアで購入した端末

一度、ショップに持って行って診断をしてもらいましょう

iPhone

修理に対応しているショップ、またはAppleストアに持って行って診断をしてもらいましょう

Appleでは以前、バッテリーが劣化したiPhoneの性能を意図的に下げていたことがあり、問題になっていました。

それが理由で、バッテリーの無償交換を行うようになりました。

交換の条件

  • iPhone SE 以降に出たモデルを使っている。
  • Apple 製品限定保証または AppleCare+ の保証対象になっている。

また、膨張が原因でのバッテリー交換の場合、基盤が傷んでいる可能性があるとのことで、本体まるごと交換することもあります。

上記以外のSIMフリー端末

最近はサポート体制を強化しているメーカーが多いです。

メーカーによって違いますが、
サポートセンターに連絡し、交換や修理対応を依頼するというのが大まかな流れになっています。

修理の対応

  • メーカーの集荷で配送修理にも対応
  • 持ち込み可能店舗があれば、持ち込み修理も可能

など、対応をしっかりするメーカーが増えています。

メーカーによっては、保証期間外だとしても異常故障として無料で対応してくれる場合もあるので、問い合わせ時にぜひ確認するようにしてください。

おわりに

スマホのバッテリーが膨張するのは仕様というのは意外だったのではないのでしょうか?

ただ、爆発や発火などのリスクを考えると交換や修理に早めに出した方が無難そうです。